ちゃぶ台のあたたかい魅力を徹底的に教えます

和室

材木の種類と特徴

木目

ちゃぶ台に使われている木材にはいろいろな木がありその特徴もいろいろあります。合板や集成材などで出来たものは手軽に買うことができます。しかし、無垢材のようなしっかりしたものを持っていると一生使うこともできます。

Read More...

サイズの探し方

家族

ライフスタイルにあわせて、ちょうどいいサイズのちゃぶ台を探すためのポイントです。失敗しないためにリサーチや準備をして自分や家族に合わせたちゃぶ台を見つけ出してください。

Read More...

素敵な食卓で楽しい時間

和室

「ちゃぶ台」と聞いて家庭団欒を想像する人は少なくありません。昭和の良き日の家族の風景がちゃぶ台には感じられます。近年ではダイニングテーブルで食事をする家庭も多くありますが、ちゃぶ台もひそかにその存在を見直されてきています。そもそもちゃぶ台の歴史はそんなに古いものでは無いと言われています。

それまでの日本では食事は一人ずつ膳にいれて、身分の高い人以外はテーブルも使わず畳などに座って食べていたとされます。それが、明治時代頃、西洋からいろいろな文化がはいってきました。そうした中、一緒に広まった西洋料理のことを「チャブチャブ」と呼んでいていました。そのチャブチャブやさんにあったテーブルを日本人に馴染みやすいよう低く作ったものがちゃぶ台のはじまりになります。西洋と日本文化を掛けあわせて出来たものだったことは、意外に知られていません。ちゃぶ台の定義といえば丸い形と脚が折りたためることです。これも、日本の狭い家にも使えるようにと考えられてつくられたものだったのです。おかげで昭和初期ごろから、ちゃぶ台は一家に一台と瞬く間に庶民の間にと普及していきました。そこから、戦後くらいまでの間ちゃぶ台は家族団らんの象徴でしたが、徐々にダイニングテーブルへと変わっていきました。しかし、また最近、ちゃぶ台ブームが静かに起きています。家族揃ってごはんを食べることが少なくなった今日ですが、ちゃぶ台を囲んで家族団欒の時間を持つことが大切です。

あたたかい秘密は丸です

ファミリー

ちゃぶ台のメリットは様々あります。場所を取らず折り畳めて収納できる所や部屋を広く使える所などです。しかし一番の魅力はみんなで円になって食卓をかこめることでしょう。

Read More...